本展ではヒンメリの他、フィンランドを代表するブランド、マリメッコとアラビアも紹介されています。
  
ヒンメリ(Himmeli)は、1150年頃に田園地方からはじまった伝統的な祭り、ヨウルの装飾品で、Himmeliの語源は、「heaven(天国)」です。一年をかけて育てたライ麦の藁でヒンメリを作り、食卓の上の天井に吊るし祈ることで、天国へ繋がる道を作りだすと考えられていました。長く寒い冬の始まりに作るヒンメリには、太陽(光)が降り注ぐ夏至を待ち望む人々の願いが込められています。
 
今、フィンランドでは、若い世代による、伝統的なライフスタイルへの共感が高まり、クラフトワークへの関心から彼女の開催するヒンメリの教室には若い世代が多く集まるそうです。若い世代の注目は、古き良き時代への憧れと、祈りに満ちたスローライフへの回帰だとも云えましょう。

・会場
 裏磐梯高原ホテル
・期間
 開催中~2018年3月31日(土)
 7:00-20:00
・入場料
 無料(一般公開)

▼裏磐梯高原ホテル
http://urabandai-kougen.com/event/exhibition_26.html

※こちらは裏磐梯高原ホテルさん主催の展覧会です


イベント詳細

  • 開催日:
  • カテゴリ: