ロングセラー絵本『11ぴきのねこ』シリーズは、とらねこ大将と10ぴきの仲間のねこたちが繰り広げる愉快な冒険の物語。
その作家・馬場のぼるの創作の世界をご紹介するミニ展覧会を、磐梯山が一望できる、色とりどりの湖沼が美しく五色沼にほど近い裏磐梯高原ホテルで開催します。

会場では、『11ぴきのねこふくろのなか』(1982年こぐま社)のリトグラフ原画と、故・馬場のぼるが書き溜めた数々のスケッチブックや、『絵巻えほん 11ぴきのねこマラソン大会』を拡大したパネルも展示します。自由気ままでやりたい放題、時には失敗しながらも、仲間と困難を乗り越える11ぴきのねこたちのように、探検・発見・冒険を楽しむ夏休みのひとときにぴったりの展覧会です。

※こちらは裏磐梯高原ホテルさん主催の展覧会です

 

・会場
 裏磐梯高原ホテル

・期間
 2018年7月6日(金)~9月10日(月)
 7:00-20:00

・入場料
 無料(一般公開)

 

▼裏磐梯高原ホテル
http://urabandai-kougen.com/event/exhibition_26.html

 

 

馬場のぼる 1927~2001

青森県三戸町生まれ。17歳で終戦を迎える。りんごの行商、農民、大工見習い、小学校の代用教員、米軍基地でのポスター描きなどの職を経て、21歳で上京し漫画家としてスタート。『ポストくん』『ブウタン』(第1回小学館漫画賞受賞)などの児童漫画で子どもたちに大人気の作家となる。1967年絵本『11ぴきのねこ』(第15回産経児童出版文化賞)を出版。絵巻えほん『11ぴきのねこマラソン大会』でイタリア・ボローニャ国際児童図書展エルバ賞受賞。その他受賞多数。紫綬褒章受章。


イベント詳細

  • 開催日:
  • カテゴリ: