「千鳥ヶ淵」約260本、「目黒川沿い」約800本…「裏磐梯桜峠」約3000本!

裏磐梯は遅い春の訪れ。

桜峠には、なんと3,000本ものオオヤマザクラが、ゴールデンウィーク前後に咲き誇ります。
2001年の敬宮愛子内親王殿下御生誕を記念して、翌年2,001本のオオヤマザクラをオーナー制により植樹しました。その後、東京都杉並区やニュージーランドとの交流記念等で追加植樹され、現在は約3,000本となっております。

東京の「皇居西側の千鳥ヶ淵」は約260本、「目黒川沿い」は約800本ですので、はるかに大きな規模であることがおわかりいただけると思います。

オオヤマザクラは、ソメイヨシノよりも色が濃いピンクであることが特長です。濃いピンク色と飯豊連峰の山脈を眺めることが出来る絶景のお花見スポット。毎年ゴールデンウィークにはさくらまつりが開催されます。

例年見頃は4月下旬~5月上旬ですが、2018年は暖かい気候のため少し早まるかもしれません。

 

桧原湖の「桜島」

桜島

 

桧原湖に浮かぶ小島。名前の通り、桜が見事な孤島。四季により、私たちに様々な色を見せてくれる美しい島。山桜が綺麗に咲くことから、通称桜島であるが、正式名称ではなく無名の島です。

桜島が最もよく見えるのは「磐梯桧原湖畔ホテル」

多くのフォトグラファーが訪れる場所ですので、人気の日程は早めのご予約をおすすめいたします。