裏磐梯には大自然を満喫するため、いくつものトレッキングコースが設置されています。
バリアフリーのコースから上級者向けとレベルに合わせて選ぶことができます。

五色沼自然探勝路

五色沼_青沼

裏磐梯を代表する「神秘の湖沼」を歩くコース。

色々な表情を見せてくれる五色沼は、春~晩秋にかけて、いつ訪れても良いコースです。
雪解け後の芽吹き前の森や、落葉後の森の中では、小鳥たちを見つけやすくなるため、野鳥観察がなお楽しめます。

最も大きな「毘沙門沼」では手漕ぎボートを楽しむことができます。

⇒五色沼探勝路について詳しくはこちら

全長

約3.6km

所要時間

約1時間10分~1時間30分

レンゲ沼・中瀬沼探勝路

レンゲ沼・中瀬沼探勝路の写真

レンゲ沼一周(700m)はバリアフリーコース。途中の中瀬沼展望台からは、磐梯山の絶景を望むことができ、景色は箱庭の様で裏磐梯の隠れたビューポイント

全長

約2km

所要時間

約50分

小野川不動滝探勝路

小野川不動滝探勝路の写真

落差25mの大瀑布、豪快に落ちる滝を目指すコース。

コースの途中から急な石段があり、登り切ると木材搬出に利用されていたトロッコの軌道敷跡の平坦な道に。森を抜けると、豪快に落ちる「小野川不動滝」が現れます。
夏には力強い水しぶきの爽快感が感じられ、冬には青く凍る滝(ブルーフォール)を見ることができます。

※冬の散策は、経験のあるガイド付きのスノーシューでお出かけください。

全長

約1km

所要時間

約30分

雄国沼湿原探勝路

雄国沼

「雄国沼湿原植物群落」として国の天然記念物に指定されている。6月中旬にはレンゲツツジ、6月下旬から7月初旬にはニッコウキスゲの大群落 、秋には草紅葉が楽しめる。

ニッコウキスゲの面積当たりの生息株数は、なんと尾瀬を上回り、日本一の「雄国沼湿原」。
特にニッコウキスゲが咲き誇る時期は、黄色の絨毯を敷きつめたような景色を見るために、多くのハイキング客やカメラマンが湿原を訪れる。

全長

1周約0.8km

所要時間

約30分

桧原湖畔探勝路

桧原湖探勝路_吊り橋

桧原湖の東岸に沿って歩くコース。吊り橋があり、そこからの景色も良い。全体を通して舗装されている。

全長

約3.4km

所要時間

約1時間10分

関連リンク

※コース詳細やその他のコースについてはコチラ