会津山塩

会津山塩 塩といえば海水から製塩しますが、内陸の裏磐梯では大塩裏磐梯温泉の温泉を煮詰める製塩が行われていました。

弘法大師が開湯したといわれる伝説の井戸から湧き出る塩化物泉の塩分は1%。 海水より塩分濃度が低いため、煮詰めて濃縮するにも数日かかり、膨大な時間のかかる作業です。

一度は途絶えた伝統の塩づくり。村の有志が集まり伝説の塩は復活します。 カルシウムなどの不純物を目視でチェックし、ピンセットで取り除くのはとても大変です。 しかしミネラル成分をたっぷり含み、不純物のない会津山塩は、苦みがなくまろやか、しょっぱさの中にも甘みがあり、色々な料理によく合います。

手間暇がかかるため、年間の生産量は約2トンと少なめ。その希少性ゆえ一般の海水塩に比べて高価ですが、そのまろやかな味わいから、お土産としても有名になりました。

販売店

裏磐梯 道の駅
第1ゴールドハウス目黒
裏磐梯サイトステーション
山の駅食堂
休暇村裏磐梯
裏磐梯グランデコ東急ホテル
裏磐梯高原ホテル
裏磐梯ロイヤルホテル
裏磐梯レイクリゾート
セブンイレブン裏磐梯店

会津山塩ラーメン

山塩ラーメン_らあめんや 日の光にきらきら輝くほど透明なスープは、濃厚なうまみを感じながらもあっさりとしたあとくちで、気が付けば最後の一滴まで飲み干してしまうほど。

奥裏磐梯らあめんや (会津・米澤街道桧原歴史館内)  

会津山塩バームクーヘン

会津山塩バウムクーヘン 「会津山塩」を使ったバームクーヘンは、伝統菓子の老舗「かんのや」とのコラボレーション。 塩はむらのないように生地の中に練りこみ、バームクーヘンの周囲をシュガーでコーティング。 切り分けて口に入れると、最初にシュガーがほろりと溶けて、次に幾重にも重なった層が口の中でほどけ、優しい甘さとほんのりとした塩っ気が同時に口の中に広がります。甘さ控えめで生地もふんわり。気が付いたら1ホール食べてしまいそうなおいしさです。 お土産に便利な個包装もあります。

裏磐梯レイクリゾート1F売店 ※宿泊者以外の利用OK

ガトー塩っこら

ガトー塩っこら チョコレートをたっぷり使ったケーキ「ガトー塩っこら」は、チョコレートの甘さを塩のしょっぱさが引き締め、あっさりとした甘さが何個でも食べられそうなスイーツ。 ヒロのお菓子屋さんでは他にも、ごまと一緒に固めのスティック状に焼き上げた「ごま塩棒」があります。 また、特製チキンカレー、ホットサンドラランジャ、季節のスイーツ、アフォガードなどカフェメニューも楽しめます。 ※カフェメニューはレイクウッドカフェ店のみ

ヒロのお菓子屋さん

花嫁ささげ

昔から裏磐梯高原で生産され、白色と赤色の豆が混ざっているところから縁起の良い豆として地元で愛されてきました。花豆とも呼ばれ、標高800m以上の高原でなければ栽培が難しいと言われています。

販売店

裏磐梯 道の駅
第1ゴールドハウス目黒
裏磐梯サイトステーション
山の駅食堂
裏磐梯グランデコ東急ホテル
裏磐梯ロイヤルホテル
休暇村裏磐梯

じゅんさい

つるっとのどごしのよい高級食材のじゅんさい。池や沼に浮かぶ水草で若芽の部分が食用になります。裏磐梯のじゅんさいは上質なぬめりが特徴。じゅんさい摘みの姿は、裏磐梯の夏の風物詩。お土産用には瓶詰で販売されています。 シーズンには「じゅんさい摘み体験」もできます。

販売店

第1ゴールドハウス目黒
裏磐梯グランデコ東急ホテル
裏磐梯ロイヤルホテル

おいしい高原野菜

高原野菜_大根 高原野菜_カボチャ   桧原湖の北岸に位置する早稲沢地区では「早稲沢高原大根」「トウモロコシ」「かぼちゃ」「高原レタス」などが栽培されています。 特に「ゴールドラッシュ」という品種のトウモロコシは新鮮だと生で食べられ、糖度は約20度前後と非常に甘いのが特徴です。(気候等により糖度は変動あり) 収穫シーズンには早稲沢地区には高原野菜の直売所が並び、隣県からも野菜目当てに来訪されます。

ハーブ

ハーブスペースバンディア ハーブスペースバンディア ハーブスペースバンディア ハーブスペースバンディア 曽原湖周辺には様々なハーブが栽培されるハーブガーデン「ハーブスペース バンディア」があります。 ハーブティーや精油、マッサージオイル、石鹸、ハーブ手作り美容キットなどをお買い求めいただけます。 また、グリーンシーズンには焼きたてパンとハーブソーセージのサンドイッチを食べられるテラスもあります。

販売店

ハーブスペースバンディア