登山

 

磐梯山

福島県を代表する名山で、1888年(明治21年)の水蒸気爆発により山が崩れ、現在の姿になりました。「宝の山」とも呼ばれており、山麓の彩り豊かな湖沼群と併せて素晴らしい景色が魅力の山です。

磐梯山の山開きは毎年5月下旬です。
※2018年は5月27日(日)

6つの登山口

1.八方台登山口

<所要時間>上り2時間15分、下り1時間40分
山頂までの高低差が少なく、比較的初心者にも登りやすいルート。
シーズン中、最も多く登山者が訪れる磐梯登山のメッカ。登山口には駐車場とトイレを完備。磐梯山ゴールドライン八方台までのバスは運行されていないので、マイカーかタクシー利用となります。一部裏磐梯エリアのホテルでは、宿泊者向けに送迎バスを用意している施設もあります。
※路上駐車は禁止です。過去には路上駐車が原因の事故も発生しておりますので、絶対にされないようお願いいたします。

2.裏磐梯登山口

<所要時間>上り3時間50分、下り3時間
表とは違った荒々しい磐梯山の噴火壁を見ながら登れるルート。
振り返ると、裏磐梯の湖沼群が様々な表情を見せる。

 

3.猪苗代登山口

<所要時間>上り3時間30分、下り2時間30分
スキー場のゲレンデを上ることから始まる、登山の王道ともいえるルート。
眼下に広がる猪苗代湖は、登山の疲れを忘れさせます。
登山口には、広い駐車場や温泉施設もあります。
猪苗代登山口までのバスの運行はないので、マイカーかタクシー利用となる。

 

4.渋谷登山口

<所要時間>上り3時間40分、下り2時間50分
うっそうとした樹林帯をいく、森林浴に最適なルート。
多様な高山植物に群落もあり、目を楽しませてくれます。

 

5.川上登山口

<所要時間>上り4時間、下り2時間50分
荘厳な樹林帯をぬけるとあらわれる、荒々しい噴火口。高くそびえる秀峰を一気に登るルート。
登山口周辺には温泉宿が多数あり、ベース基地としても利用できる。

 

6.翁島登山口

<所要時間>上り3時間30分、下り2時間30分
急勾配のガレ場を一気に登っていく、体力に自信のある人向けのルート。
会津盆地、遠くは飯豊連峰まで望める絶景のパノラマ。
登山口したには、疲れを癒す温泉宿があります。

 

猫魔ヶ岳

視界の開けた山頂からの眺望が楽しめるこの山は、その昔、化け猫を退治した伝説の残る山です。
八方台登山口から道標に従い歩き始め、すぐに尾根道をたどります。道は上り下りを繰り返し、最後の急登を上りきれば、頂上にたどり着きます。

 

西吾妻山

吾妻連峰の最高峰で、米沢市と福島県耶麻郡北塩原村との境をなします。
基盤を覆う西大巓火山岩類をさらに新期火山噴出物が覆っているため、なだらかな山容であり、全山針葉樹原生林に覆われ、亜寒帯林相を呈しています。

 

ガイド会社

登山_もくもく自然塾 ■もくもく自然塾
1996年設立の自然体験ネイチャースクール。『自然を体験し、好きになることが自然を守る第一歩』をモットーに参加者とスタッフが一緒に楽しむことができるプログラムを提供しています。
TEL:0241-23-9018

■裏磐梯エコガイドの会
会員の多くが福島県ツーリズムガイドの資格を持つ、裏磐梯の自然に精通したプロガイドの集団。お客さまのご要望に合わせてガイドを派遣。中高年の皆さんのゆったりツアー、バリアフリーツアー等のガイドも可。
TEL:050-7540-0191

 

登山心得

・登山道にはトイレはありません。携帯トイレをご利用ください。
※携帯トイレは弘法清水の売店で購入できます。
 携帯トイレ回収箱は猪苗代登山口・八方台登山口・裏磐梯スキー場駐車場に有ります。

・軽装での登山や無計画な山行を慎みましょう。
・地図や磁石を携行し、ルートを確認しながら歩くようにしましょう。
・悪天候や道に迷ったときは、勇気をもって引き返しましょう。
・快適な登山を皆さんで楽しむため、ゴミは全て持ち帰りましょう。
・動植物愛護のため、登山道以外に立ち入ったり、草木を採取することは厳禁します。
・俘虜の自己に備え、必ず登山者カードに記入してください。
・猪苗代駅から各登山口までのバスによる交通手段はありません。

 

グリーンシーズン一覧へ