裏磐梯観光協会 公式ブログ

観光協会スタッフが四季折々の裏磐梯の情報をブログでお届けします。

山開き!

カテゴリー: イベント,ブログ,体験,風景 — 投稿者: staff y — 2017年6月11日6:01 PM

本日6月11日、『第20回 雄国(おぐに)山開き』が開催され、当裏磐梯観光協会スタッフもお手伝いを兼ねて参加いたしました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

喜多方市方面から見た雄国山。曇ってます⤵「登ってるうちに晴れるかも⤴」と気を取り直しラビスパ裏磐梯さんに向かいます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラビスパ裏磐梯さんの駐車場に到着。参加者の皆様をお迎えする会場の準備をしていると、少しずつ参加者の皆様がお車でご来場。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

参加者の皆様も一緒に、神様に登山の安全をお願いして……

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バスで雄子沢登山口に向かいます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

登山開始です。今回のコースは、雄子沢登山口から『雄国せせらぎ探勝路』を登り、雄国休憩舎で一休み、雄国パノラマ探勝路を下る流れです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

熊に注意です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新緑の中、くま鈴の音を聴きながら登ります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

せせらぎが幾筋か流れていて涼しげです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

8時20分に登り始め、9時でこの地点。半分以上は進んだようです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

登って……

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

登って……

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

登って……

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この坂を登れば、休憩舎までは楽とのこと。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

傾斜がほぼ無くなりました。レンゲツツジの間を進むと……

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雄国沼と雄国山頂の分岐点に。まずは休憩舎のある雄国沼に向かいます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

9時30分、所要時間70分で休憩舎に到着。ここで少し長めの休憩を取ります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

休憩舎の周りにも、特に裏手にレンゲツツジが咲いています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

休憩舎を背に左方向の道を進むと雄国沼の沼べりに出ますが、残念ながら曇ってます。晴れていれば、かなり良い景色のはず。ニッコウキスゲはまだですね。例年通り6月下旬~7月上旬、7月4~6日位が見頃のようですが、今後の天候次第で前後するとのことです。予想は難しいんですね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

では、さっきの道を戻り、今度は雄国山の山頂を目指します!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

金沢峠のレンゲツツジは今満開とのことですが、休憩舎や山頂までのあたりはまだこれからのようです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山頂まで0.6km!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レンゲツツジの間を登りながら、振り返ると……

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雄国沼を見渡せる高さにまで登っています。写真真ん中が休憩舎。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

沼の東側、ストックの指している谷が休憩舎まで歩いてきた『せせらぎ探勝路』です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山頂に到着。展望台に登れば……

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

北東に桧原湖、

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

西に喜多方市街、わかりずらいですが写真右端には残雪の美しい飯豊山が、

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

南には雄国沼が見えます。くどいですが、晴れてればなぁ~。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一休みしたところで下山です。帰りは『雄国パノラマ探勝路』を下り、ラビスパ裏磐梯さんの駐車場に出ます。参加者の皆様のお車が待っています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヘリコプターの音がしたので空を見上げると……

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あれっ!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あららららら!……晴れ間が見えてきました(笑)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下山中も桧原湖が見えます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

木々のトンネルの中をハルゼミの鳴き声を聴きながらどんどん降りていきます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オオカメノキ。葉っぱが亀の甲羅に似ているというのがその名の由来とのこと。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

落ちたオオカメノキの花びらをシダの葉っぱが優しく受け止めています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タチツボスミレ。控えめに健気に咲いている姿が可愛らしいです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

きれいな新緑の合間から、これまた綺麗な青空が……

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下るにつれて、どんどん晴れてきました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夏がそこまで来ています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

残り2.9km!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ホウチャクソウも可愛らしいですね。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラショウモンカズラも綺麗です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下山中ですが登りもあり、青空に向かって登っていきます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピンクの花がタニウツギ(谷空木)。死人花などの異名もありますが青い空、白い雲、緑の葉を背景に赤やピンクがとても美しいです。ガクアジサイのような白い花は本日3度目の登場になりますオオカメノキの花です。こちらも可憐。[/caption]

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サワハコベ、これもまた可憐な花です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ユキザサ。雪のマークのようです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゴールまでもう少し。右側の方が階段が少なくて若干は楽とのこと。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下って、下って、

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ほぼ着きました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アスファルトの路面がいつになく歩きやすく感じます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

せせらぎの音に癒されて、

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

12時30分、やっと駐車場に着きました。10時に休憩舎を出発したので所要時間2時間30分。お疲れ様でした!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この山を越えてきたんですね。ゴールして気分は爽快です!まだ雄国山にいらしたことのない方は是非!

 

※裏磐梯はツキノワグマの生息地です。不意にクマに遭遇しないために、散策の際はクマ鈴やラジオを持参するなどの対策をとりましょう。

 

五色沼湖沼群 スノートレッキング体験

カテゴリー: ブログ,体験,風景 — 投稿者: admin — 2017年1月26日6:38 PM

五色沼湖沼群をスノーシューで歩いてきましたので、その様子を紹介(^^♪

 

まずは裏磐梯ビジターセンターに車を停めて、五色沼入口バス停から磐梯高原駅へ。

 

五色沼入口バス停。雪で埋まっています。

IMG_3755

 

磐梯高原駅から裏磐梯物産館へ。

IMG_3758

 

裏磐梯物産館は日中トイレ無料開放中ですので、立ち寄ってからトレッキングを開始しましょう(^^)

IMG_3761

 

スノーシューを装着し、準備が整ったらいざ五色沼湖沼群へ。

 

母沼

IMG_3766

 

柳沼は真っ白

IMG_3764

 

母沼と柳沼は向かい合っていますが、全然表情が違います。水温(水質)の違いがよくわかります。

 

 

青沼(半分ほど白い)

IMG_3775

 

IMG_3779

 

 

るり沼は普段ヨシが生い茂っておりはっきり見えないですが、

スノーシュートレッキングならば視界バッチリ(*’▽’)

IMG_3786

 

看板は大分埋まっています。笑

IMG_3790

 

 

弁天沼は全体が雪で覆われていました

IMG_3792

 

IMG_3798

 

展望台

IMG_3794

 

 

そしてグリーンシーズンではほとんど見ることが出来ない竜沼。

近くで見ることが出来ました。

IMG_3805

 

 

前の方が歩いた道をトレースしたり、道なき道を進んでいきます。

IMG_3808

 

 

みどろ沼

大分近づいて撮ることが出来ました。(近づきすぎて沼に落ちないように気をつけましょう)

IMG_3822

 

 

赤沼

IMG_3827

 

 

毘沙門沼の西側には野鳥がたくさんいました。

IMG_3842

 

白鳥の姿も見えます。

IMG_3844

 

展望台には可愛らしい雪だるま

IMG_3847

 

ツルアジサイをお洒落に着こなしておりました(*´▽`*)

IMG_3845

 

毘沙門沼の東側は真っ白。

IMG_3862

 

毘沙門沼の途中でとても綺麗な色合いの場所がありました。

IMG_3836

 

大体3時間30分程度、歩き、無事ビジターセンターにたどり着きました。

IMG_3885 

普段通れない場所を歩いて違う角度から五色沼湖沼群を眺めたり、グリーンシーズンはほとんど見えない竜沼をバッチリ拝めたりと貴重な体験でした(*’▽’)

 

冷たく澄んだ空気の中で、自然と語りつくすスノーシュー体験、とってもおススメです!

 

スノーシューは裏磐梯ビジターセンターや、サイトステーションなどでレンタルできます。
五色沼湖沼群やイエローフォールのトレッキングは、迷いやすかったり足場が悪いところもあるので、不慣れな方はガイドさんと歩きましょう(‘◇’)ゞ

 

ガイドさんのお問い合わせ先は下記HPをご確認ください。
http://www.urabandai-inf.com/enjoy/skis/#skis-snowshoe

 

磐梯吾妻スカイライン・一切経山・魔女の瞳

カテゴリー: ブログ,体験,風景 — 投稿者: admin — 2016年10月29日1:40 PM

 

IMG_3449

 

磐梯吾妻スカイラインを通り、吾妻小富士や一切経山に登って来たのでその様子を紹介。

 

IMG_3397

 

浄土平レストハウスからの登山道の規制が解除されたので、一切経山へは2時間ほどの登山となります。

 

靴は登山靴かトレッキングシューズ、強風が吹きますので、装備はしっかりしたものを用意しましょう。

 

酸ヶ平

IMG_3431

 

右 鎌沼

左 東吾妻山

IMG_3466

 

山頂到着

IMG_3441

 

まずは何といっても五色沼(別名:魔女の瞳)

コバルトブルーの水面がとても美しいです。

IMG_3451

 

山頂からは大パノラマで、福島市や米沢市が眺望できます。

IMG_3461

 

吾妻小富士と福島市

IMG_3462

 

遠目に磐梯山が見えます。

IMG_3465

 

下山は1時間程度。

 

同じく浄土平レストハウスから行くことが出来る吾妻小富士は、レストハウスから15分程木道を登ると山頂で噴火口を見ることが出来ます。

 

IMG_3416

 

お手軽に荒々しい噴火口や、福島市を一望することが出来ます(*‘∀‘)

IMG_3409

 

 

IMG_3403

 

IMG_3413

 

磐梯吾妻スカイラインは土湯や高湯入口周辺の紅葉が綺麗でした♪

IMG_3385

 

IMG_3396

 

つばくろ谷から見る不動沢橋

IMG_3389

 

紅葉ピークは過ぎていますが、見応え充分です。

IMG_3392

 

 

磐梯吾妻スカイラインは、例年11月上旬に夜間通行止め(17:00~7:00)、11月中旬には冬季封鎖となりますので、冬が来る前の最後の思い出作り、いかがでしょうか?(^^)

 

※吾妻山はツキノワグマの生息地です。不意にクマに遭遇しないために、散策の際はクマ鈴やラジオを持参するなどの対策をとりましょう。

 

 

 

蒔絵・沈金体験

カテゴリー: ブログ,体験 — 投稿者: admin — 2016年10月17日4:04 PM

裏磐梯にある漆芸工房をご紹介します(^^)

『漆芸工房 角田』

こちらの工房では「蒔絵」と「沈金」の体験ができます。

旅の記念やプレゼント、思い出作りにおすすめです!

漆器の種類は5種類あり、選べるようです♪

制作時間は1時間程度と空き時間に体験することも出来ますね(*´▽`*)

 

詳しくは下記HPよりご確認ください!!

公式HP「漆芸工房 角田」

01

【10/13紅葉情報&ヘリクルージング!】

カテゴリー: ブログ,体験 — 投稿者: admin — 2016年10月13日4:19 PM

IMG_3040

 

0001 (6)

 

日本ヘリシス様が実施する裏磐梯の秋の紅葉ヘリクルージングが本日より開始しました(^^)/

 

ヘリに乗り込んで、

IMG_3045

 

噴火記念館を通り過ぎながら出発!

IMG_3048

 

 

IMG_3049

 

IMG_3050

 

IMG_3052

 

IMG_3053

 

磐梯山

IMG_3060

 

磐梯山の山頂とはまた違った視点で裏磐梯地区が一望できます。

IMG_3054

 

桧原湖

IMG_3055

 

IMG_3056

 

みどろ沼

IMG_3062

 

なんといっても弁天沼の色が綺麗でした!

IMG_3061

 

五色沼や桧原湖の紅葉はやはり少し色付き始めた位でしたが、上空から見る五色沼湖沼群や裏磐梯は素晴らしい眺めでした(*‘∀‘)

これから紅葉が進んで、その中でのヘリクルージングとなれば最高の贅沢になりますね!

 

秋の紅葉ヘリクルージングは11/6まで、磐梯山3Dワールド横のヘリポートから9:30~16:00の間で随時運行中です。

(お問い合わせは、090-5813-0699まで)

 

貴重な体験になること間違いなしですので、ご利用してみてはいかがでしょうか(*’▽’)

 

10/7 西吾妻山~西大巓縦走!

カテゴリー: ブログ,体験,磐梯山 — 投稿者: admin — 2016年10月8日2:25 PM

 

IMG_2904

 

10/7(金)に、西吾妻山、西大巓に登ってきましたので、その様子をご紹介します(^^♪

 

まずは朝一で吾妻山スカイバレーを通り山形県の天元台高原へ

IMG_2729

 

スカイバレーの東鉢山七曲から見る裏磐梯が綺麗でした。

 

IMG_2741

 

天元台高原から、ロープウェイとリフトを乗り継いで北望台へ。

この時点での標高が1,820mで、すでに磐梯山より高い( ゚Д゚)

 

ここで天候が悪化し、リフトの途中で雲に突入。

気温は10度以下・・・防寒着は大目に持っていきましょう。

 

IMG_2743

 

リフト脇のオオカメノキやナナカマドなどは紅葉していました。

 

北望台からは米沢市を展望することが出来ます。

 

IMG_2747 

 

安全の鐘を鳴らして、9時10分に登山道へ。

 

IMG_2748 IMG_2750 

 

道々の紅葉や、見たことのない色づいた草、キノコなどを見ながら40分ほど登ります。

 

IMG_2751 IMG_2756

 

IMG_2754 IMG_2755

 

標高1,964mの人形石に到着。

ガスがかかって視界が非常に悪かったのですが、ちょうどこの辺りから天候が回復してきました(*’▽’)

 

IMG_2763 IMG_2768

 

人形石から西吾妻山に向けて少し歩くと、見事な草紅葉が広がっていました。

 

今が一番の見ごろ!?

IMG_2780 IMG_2785

 

池溏(ちとう)も点在していました。

(池溏とは湿原の泥炭層にできる池沼だそう。)

IMG_2793

 

天気にも恵まれ、振り返ると素晴らしい青空。

IMG_2813 IMG_2814

 

IMG_2771 IMG_2796

 

IMG_2806

 

人との比較でわかりますが、本当にスケールが大きく、圧倒される景色です。

 

暫く歩くと、梵天岩に到着。

IMG_2855 IMG_2854

 

梵天岩からは東吾妻の山並みを見ることができます。

IMG_2856

 

15分ほど歩いて天狗岩へ。

大岩が一面に広がります。

IMG_2858

 

天狗岩には、山の神を祀る「吾妻神社」があります。

お賽銭を入れ、置かれていた登山記念のカードを1枚もらいました。

IMG_2860 IMG_2862

 

標高2,005mの吾妻神社の裏からは、雲海を見ることが出来ました。とっても綺麗!

IMG_2864

 

IMG_2868

 

 

ここで11時30分、お昼ご飯。

重い荷物を持って登山をして、抜群のロケーションの中で食べる食事は最高の御馳走です(*’▽’)

IMG_2871

運動が続くので、食べすぎには注意!(私は明らかに食べ過ぎ・・・)

 

お腹も心も満たされたところで、西吾妻山山頂に向かって歩き出します。

 

IMG_2873  IMG_2875

 

20分ほどで山頂に到着。

 

 

IMG_2877

日本100名山の西吾妻山山頂です。

回りが木々に囲まれているので、残念ながら眺望はありません(>_<)

 

IMG_2879  IMG_2883

青空と草紅葉に挟まれて、贅沢なトレッキング。

 

IMG_2887

西吾妻小屋に到着。

トイレがありますので、一休みしたら西大巓までラストスパート!

 

IMG_2895 IMG_2892

小野川湖や磐梯山も見えてきました。

 

西大巓への稜線が見えました!

先にある山頂が西大巓です。

IMG_2904

 

ここからの降って登ってがなかなか辛い!

日頃運動不足の私はヒィヒィ言いながら登りました。

IMG_2909

 

30分ほど登り、振り返ると大分登ったな~。

IMG_2919  IMG_2920

 

午後2時頃、無事に標高1,981m、西大巓山頂に到着です。

看板は文字が消えかかっていてあまり見えませんでした。

IMG_2921  IMG_2924

 

山頂からは周辺への眺望バッチリ!本当にお天気に恵まれました(´▽`)

IMG_2922

 

秋元湖、小野川湖、桧原湖

IMG_2926

 

雲の上に磐梯山山頂がちらっと見えます。

IMG_2925

 

登山も無事終了し、西吾妻山に別れを告げて、グランデコ方面へと林の中を一気に下山します。

IMG_2931

 

40分ほどもくもくと下山すると、

(なかなか勾配のある下り道が続きます)

IMG_2944

 

グランデコスキー場と雲が晴れた磐梯山が見えてきました。

 

更にスキー場のゲレンデを20分ほど降るとグランデコさんのパノラマゴンドラに到着です。

IMG_2953

 

ゴンドラを使って下山します。

紅葉はまだ早い感じですね。

IMG_2954

 

3時30分、無事に下山完了です!

IMG_2956 IMG_2957

 

事前にグランデコスキー場に置いておいた車で、再度天元台高原に向かいます。

 

4時頃のスカイバレーから見た裏磐梯。

IMG_2960

 

天元台で車を回収し、解散となりました。

 

3回目のスカイバレーは、大分日が沈んで、綺麗な夕焼けでした。

IMG_2965

 

夕日に照らされ、草木も黄色く映っています。

後一週間くらいすれば紅葉も進むでしょうか。

IMG_2963  IMG_2962

 

以上、西吾妻山、西大巓の登山の様子をお届けしました!

歩き始めから下りのゴンドラまで6時間の行程。疲れましたが、とても充実した登山となりました(^^♪

磐梯山は登ったけど、裏磐梯の他の山も登ってみたい!とお思いの方にオススメです。

 

※注意事項

 

西吾妻山、西大巓は本格的な登山道です。しっかりとした装備、準備をして挑みましょう。

(登山道はぬかるんでいる箇所や岩場なども多くあります。登山靴やトレッキングシューズを履きましょう)

 

裏磐梯はツキノワグマの生息地です。不意にクマに遭遇しないために、散策の際はクマ鈴やラジオを持参するなどの対策をとりましょう。

 

オオハンゴウソウ防除活動

カテゴリー: ブログ,体験 — 投稿者: admin — 2016年8月4日2:42 PM

P8040560

 

暑さも最盛期になる中、特定外来生物であるオオハンゴウソウの防除活動に参加しましたので、その様子をご紹介!(`・ω・´)

 

まず裏磐梯ビジターセンターに集合。

各地から40名以上の方が集まりました。

 

P8040558 P8040559

 

P8040563

 

裏磐梯自然保護官事務所ご担当者様のお話を聞き、防除活動開始( `ー´)ノ

 

P8040567

 

オオハンゴウソウは、この時期黄色い綺麗な花を咲かせるのですが、繁殖力が非常に強く、在来生物の育成を脅かすなど生態系への影響があります。

 

P8040575 P8040574

 

川沿いを中心にびっしりと繁茂しておりました・・・(+_+)

 

P8040572

引っこ抜く際にこの根っこが折れて残ってしまうと、そこからまた生えてきてしまうので、注意して抜いていきます。

 

2時間ほど作業して終了。

自分が頑張った範囲では、ぱっと見無くなったんですが、わかりづらいですね。笑

 

P8040579

 

P8040582 回収したオオハンゴンソウ (1)

 

結果として70袋以上のオオハンゴウソウを駆除しました(;’∀’)

 

本活動に参加の皆さま、お疲れ様でしたm(_ _)m

 

美しい裏磐梯を守るため、頑張っている方々を応援するとともに、こういった活動に積極的に参加しましょう!(‘◇’)ゞ

 

 

 

おまけのヤマユリ。見守ってもらいながら、作業頑張りました。  

P8040580

 

 

6/22 早朝の雄国沼湿原

カテゴリー: ブログ,体験,未分類,風景 — 投稿者: admin — 2016年6月23日11:12 AM

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

見ごろを迎えた雄国沼湿原に早朝から行ってきましたので、その様子を紹介します。

 

 

この季節すぐに満車になってしまう雄子沢駐車場も、朝5時前だとこんな感じです。

P6220001

 

 

朝もやがかかる幻想的な雰囲気の中登っていきます。涼しくて気持ちいい(≧▽≦)

P6220004 P6220006

 

 

ある程度登っていくと青空に(^^)/

P6220007

 

 

休憩舎を通り過ぎ、1時間30分ほどで雄国沼湿原に到着しました。(6時頃)

先客は5,6人名程。

P6220008

 

 

湿原は青空とニッコウキスゲと雄国沼の静かな水面と、、、吹き抜ける風がなんとも気持ちいいよく、まさに「天空の楽園」でした!(*’▽’)

P6220023 P6220014

 

P6220011 P6220021

 

P6220013 P6220010 

 

P6220019 

ニッコウキスゲはまだまだ蕾も多く、満開の花が多くなるのはもう少し先でしょうか。

今でも十分綺麗ですが、さらに咲き誇るかと思うと胸が躍ります。(そのころにまた登りたい!笑)

 

 

レンゲツツジや、コバイケイソウも一部咲いていました。

P6220020 P6220022

 

写真にはありませんがヒオウギアヤメ、トキソウ、サワラン、ヤナギトラノオなども咲き始めていましたよ~。

 

一通り回って、9時に下山。

朝はなにもなかった駐車場も、

P6220002

 

こんな状態にΣ(゚Д゚)

P6220026

 

駐車場が満車だった場合は、雄国萩平からのシャトルバスを利用しましょう。

 

 

人の少ない早朝に行くことで、静かな湿原を満喫でき、最高の体験になりました(^^♪

 

 

<金沢峠マイカー規制>
 期間 平成28年6月4日(土)~7月18日(月)
 雄国萩平駐車場からのシャトルバスをご利用いただき、
 路上駐車はご遠慮くださいますようお願いします。

<アクセス>
・猪苗代・磐梯高原IC ⇒ R115経由R459(25分)⇒ 裏磐梯
・猪苗代駅 ⇒ 磐梯東都バス(桧原線 約30分)⇒ 裏磐梯
・喜多方駅(11:45) ⇒ 直通シャトルバス ⇒ 金沢峠(12:35) 

<探勝路>
・雄国せせらぎ探勝路   ⇒ 雄国休憩舎(片道70~80分)
・雄国パノラマ探勝路   ⇒ 雄国休憩舎(片道約150分)
・猫魔ヶ岳やまびこ探勝路 ⇒ 雄国休憩舎(片道140~160分)

※裏磐梯はツキノワグマの生息地です。不意にクマに遭遇しないために、散策の際はクマ鈴やラジオを持参するなどの対策をとりましょう。

 

【雄国山山開き・雄国沼湿原】

カテゴリー: ブログ,体験,風景 — 投稿者: admin — 2016年6月13日5:51 PM

 

雄国山開きに参加してきましたので、その様子をご紹介します(^^)/

 

P6120793

 

快晴にも恵まれた中、山開きのイベントがラビスパ裏磐梯さんで行われました。

 

P6120018

 

400名を超える方にお越しいただいたようです(≧▽≦)

※昨年は250名ほど

 

安全祈願祭の様子(当協会会長)

 

P6120014

 

終了後は、シャトルバスに乗り込み雄子沢駐車場へ。

 

雄子沢登山口は路上駐車がたくさんでした(+_+)

(当ブログをご覧の皆様は、非常に危険ですのでご遠慮ください)

P6120020

 

こちらからいざ、登山スタートです(≧▽≦)

 

P6120019

 

 

P6120021

 

 

P6120024

 

ラビスパさんでは早朝から日差しが照り付け、とても暑く感じましたが、山登りを始めると非常に涼しく、気持ちよく登山することができました。

 

登山を開始して1時間程度、雄国休憩舎に!

 

青空郵便局が開局しており、皆さん山開き記念で配布されたハガキにメッセージを記入し、投函していました(´▽`)

 

いい記念になりますね♪

 

 

P6120037

 

休憩後、雄国沼湿原へ(^^)/

 

P6120035

 

 

P6120057

 

レンゲツツジはところどころ散り始めていましたが、雄国沼に映える赤が綺麗でした。

 

P6120043

 

ニッコウキスゲはというと、木道の入口周辺は満開でした(*´▽`*)

 

P6120046

 

 

P6120059

 

しかし、木道をさらに進んだ広い場所はまだまだ、これからという感じでした。

 

P6120050 P6120056

 

ワタスゲや、コバイケイソウもところどころ咲いていました(≧▽≦)

 

ワタスゲ P6120052

 

雄国沼湿原を回ったら、山頂を目指します。

 

P6120782

 

木々の背も低くなってきました。

 

P6120794

 

山頂に到着!

 

P6120787 P6120796

 

山頂からは雄国沼の全景、桧原湖や喜多方市街をパノラマで見ることができました

 

下りは雄子沢ではなくラビスパ方面へ向かう雄国パノラマ探勝路から2時間ほどかけて下山しました。

 

 

 

今回は雄国沼湿原でたくさんの草花を、山頂からは絶景を、いろいろとお得な気分になれる雄国山登山でした(´▽`)笑

 

P6120045

 

これからニッコウキスゲもどんどんと見ごろになっていくと思いますので、皆様のお越しをお待ちしております(^^♪

 

 

※裏磐梯はツキノワグマの生息地です。不意にクマに遭遇しないために、散策の際はクマ鈴やラジオを持参するなどの対策をとりましょう。

 

 

ジュンサイ体験

カテゴリー: ブログ,体験 — 投稿者: admin — 2016年6月8日3:06 PM

本日はジュンサイ摘み体験をしました(*’▽’)

 

じゅんさい摘みをするには箱舟に乗ります!

まずは乗り方をレクチャーして頂きました♪

 

まずは、

両手を床に付け、体重を上半身に乗せます。

そして片足を箱舟に下します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

もう片足も箱舟へ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

両足が安定したら、ゆっくりと腰を下ろします(゚∀゚)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

じゅんさい摘みは、この幼芽を摘み取ります。

小さものが高級とされおり、葉が開いたものはあまり食さないそうです(‘◇’)ゞ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

いい風景ですね~

大自然の中で箱舟に乗りじゅんさいを摘む風景は癒されますね♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

沼に手を入れると、

ぬるぬるとした感触で気持ちが良い!!

葉の表面以外、葉の裏側や茎までヌメリに覆われているんです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こちらは本日収穫した「山菜のダイヤ」です!!

裏磐梯産のじゅんさいです!!

よく見てください(*’▽’)

ヌメリの厚さがお分かりいただけるでしょうか!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水洗いしたジュンサイと、湯がいたジュンサイの食べ比べをしました(‘◇’)ゞ

軽く湯がくと綺麗な緑色になり、ぷっりっとした食感も増し、おいしさ倍増~♪

 

体験したい方は、裏磐梯エコツーリズム協会へ

次ページへ »

ページトップ