雄国沼

「雄国沼湿原植物群落」として国の天然記念物に指定されている。6月中旬にはワタスゲ、6月下旬から7月初旬にはニッコウキスゲの大群落 、秋には草紅葉が楽しめる。

ニッコウキスゲの面積当たりの生息株数は、なんと尾瀬を上回り、日本一の「雄国沼湿原」。特にニッコウキスゲが咲き誇る時期は、黄色の絨毯を敷きつめたような景色を見るために、多くのハイキング客やカメラマンが湿原を訪れる。

雄国沼湿原探勝路に行くには、「雄国せせらぎ探勝路」または「雄国パノラマ探勝路」で登ることになる。
最も手軽に行く方法は、喜多方市側の金沢峠まで車(観光ピーク時は車両規制されるためシャトルバス)で行く手段。金沢峠から湿原までは10分で下りられる。

全長:木道1周約0.8km
所要時間:約30分

探勝路/トレッキングコース一覧はこちら