裏磐梯観光協会 公式ブログ

観光協会スタッフが四季折々の裏磐梯の情報をブログでお届けします。

裏磐梯の蕎麦のお披露目会

カテゴリー: 日記 — 投稿者: admin — 2010年11月30日3:29 PM

昨日、蛇平遊休農地解消組合が運営する「五色沼ガーデンファーム」からの初収穫を祝う蕎麦会が開催されました。五色沼にほど近い蛇平集落はかつて農地として開拓された土地ですが、標高800メートルを越えるこの場所では満足に作物を収穫することができず、やがて放棄され荒れ地と化してしまいました。しかし、時代が変わり品種改良などで高地に適した作物が現れたことで、再び農地を再生しようという機運が高まりました。そして多くの皆様の力を借りて、昨年より進めてきたものが、ようやく形になった瞬間です。

20101129-3s.jpg

↓蕎麦打ち名人の和田さん。

20101129-4s.jpg

↓福島県オリジナル品種「会津のかおり」はつるつるしこしこ。香り高い蕎麦です。これから更に収量を増やせば、皆様にもご賞味いただける機会が増えていくことだろうと思います。

20101129-5s.jpg

ハートのコイ物語 第10章 再会

カテゴリー: ハートのコイ物語 — 投稿者: admin — 11:09 AM

10)

(私は彼に私の気持ちを伝えなければ…。)

彼はあそこの屋上にいるのだろうか。いなかったら今日こそはあのビルに行って、彼の所在を確認しよう。このままでは何も進まない、何も変わらない。あの日常に逆戻りだ。

やはり、今日も彼はいなかった。

(勇気を出して、帰りに行ってみよう。)

電車が駅に着き乗客が動き出す。えっ、目の前に彼が立っている。ドアの前に立っている。

10.png

(どうして? どうしたの?) 

訳も分からず立ちすくむ私の体は、電車に乗り込む人々の群れに押し込まれる。彼はあわてて、携帯の番号を書いた端紙を手渡した。

彼は司法試験の勉強をしながら、あのビルの管理人をしていた。遠くを見ていたのは、勉強に疲れた目を労わるため。見ていた方向は、体が弱った父親が実家の酒屋を継げと言ってきて決断がつかぬままいた、故郷の和歌山の方向だったとのこと。そんな中でたまたま私たちは目があったのだ。
さらに驚いたのは、彼は弟の大学のツーリングサークルの先輩で私の家に何度か訪れ、私のことを知っていたこと。後輩の姉で、しかも、将来も明確でない状態で私に言葉を掛けることが彼を躊躇わせ、そのままになっていたこと。偶然、再会の機会を与えられたが、司法試験をとるか実家に帰るかの決断もつかぬまま、管理人の契約が切れる7月が過ぎてしまったこと。一度和歌山に帰り父親と話をし、将来の方向を決めてから私に逢おうとしていたこと、などが一気に彼の口から語られた。

予報通りの展開、あるいはそれ以上に・・・

カテゴリー: 日記 — 投稿者: admin — 2010年11月29日2:48 PM

明日の朝は今年初の除雪車が走るだろう・・・と思った矢先に、早速除雪が始まりました。平地(と言っても標高800メートルもある)でもこの積雪量ですから、スキー場にとっては完全に恵の雪となっている事でしょう。今週末までにオープンできる可能性が高くなってきました。

20101129-1s.jpg

20101129-2s.jpg

ツチグリ【土栗】

カテゴリー: 日記 — 投稿者: admin — 2010年11月28日4:57 PM

おもしろい形のキノコの仲間です。まるい袋の真ん中の穴から胞子を吹き出します。たまに見かけるキノコですが、非常に綺麗な形だったので、写真を撮ってみました。裏磐梯も順調に冬に向かっているようで、予報では明日から雪になりそうです。お車でお越しの際はスタッドレスタイヤや滑り止めは必携です。

20101128-1s.jpg

晩秋のレンゲ沼

カテゴリー: 日記 — 投稿者: admin — 2010年11月27日12:03 PM

秋晴れの中、後は雪を待つのみのレンゲ沼です。2月26日に開催の第3回エコナイトファンタジーの会場が、ここレンゲ沼です。

20101127-1s.jpg

20101127-2s.jpg

新しい標柱

カテゴリー: 日記 — 投稿者: admin — 2010年11月25日2:04 PM

探勝路の入口のうち7か所に新しい標柱が建ちました。それ以前に今年は五色沼遊歩道等、福島県の管理地域にも新しい標柱・案内板が建ち、わかりやすくなりました。写真は中津川渓谷探勝路入口に設置された新標柱。

20101125-1s.jpg

↓秋元湖から中津川を見たところ。

20101125-2s.jpg

裏磐梯でコスプレ撮影イベント

カテゴリー: 日記 — 投稿者: admin — 2010年11月23日4:38 PM

本日、貸別荘Akabekoで行われた「コスプレでリゾート」というイベントの取材に行ってまいりました。一万坪の敷地内で思い思いの仮装コスチューム・スタイルを披露し、カメラ撮影を楽しむイベントです。

cimg2542.jpg

ランチタイムには、「テニスの王子様」にでてくる謎のスペシャルドリンクもありました。乾汁にペナル茶(デスソース入り)だそうです。

cimg2548.jpg

磐梯高原のゆるキャラ「バンダイくん」も一緒に写真撮影し、裏磐梯には今までなかった面白いイベントでした。コスプレイヤーのみなさん ぜひ自然豊かな裏磐梯をバックに撮影に遊びに来てくださいね。

cimg2555.jpg

おもてなし視察第2弾 喜多方喜楽里博へ パート2♪

カテゴリー: 日記 — 投稿者: admin — 2010年11月22日12:51 PM

喜多方の町歩きを楽しんだ後には、蔵の中でぶどうの皮を使ったストラップを作りました。近くにある資源で楽しむこの体験は…やりはじめると楽しいんです。老若男女問わずみんなで楽しめます。

そして…今回の研修のメインイベント。

和歌山大学大澤健先生による「ニューツーリズムが地域にもたらす効果と課題」の講演を聞いてまいりました。

pb209996.jpg

この講演を一言でまとめると…

新しい観光とは、「地域づくりのための観光」であり、着地型観光とは、「ありのままの地域資源を活用した観光」です。

今、こういう観光が注目を集めているのです。裏磐梯も来年は着地型観光強化予定!今から楽しみにしていて下さいね。

pb200015.jpg

pb200020.jpg

おもてなし視察の最後は、長床で「イチョウ」のライトアップを見てきました!

sa.jpg

こんなに大きなイチョウは見たことなかった…。想像以上とはまさにコレですよ。

ちなみにこのイチョウはオスだそう。そう言われるとそんな気がします。男前なイチョウですよね?

長床の巨木のイチョウは感動モノ。でも、裏磐梯のブナの巨木も負けてませんよ。皆さまもぜひ行ってみて下さい。

おもてなし視察第2弾 喜多方喜楽里博へ パート1♪

カテゴリー: 日記 — 投稿者: admin — 12:49 PM

おもてなしの心を学ぶ研修の第2弾として…

お隣の喜多方市の博覧会「喜楽里博」に行ってきました。

まずは、大和川酒造ガイドさんの案内で酒蔵見学へ。

pb209972.jpg

築200年を超える蔵の中で、酒作りの方法、酒の種類などを教えて頂きました。大和川酒造さんは、おいしい飯豊の山の湧水(軟水)と、地元のお米(酒造好適米)を使って日本酒を作っています。

お米の磨き方で味が変わるそう。大吟醸は40%もお米の表面を削るそうで、この手間がすっきりした美味しさになるんだそうです。

見学の最後にはみんなでお酒の違いを確かめます。すっきりしていくらでも飲めそうなものから、甘いお酒、少しクセのあるお酒まで…いろいろ 飲み比べるからこそ分かる微妙な違いを楽しみました。

pb209981.jpg

どれも美味い!この時期は季節限定のお酒もあるので2倍楽しい。喜多方にはこんな美味しいお酒を楽しめる場所が沢山あります。

次は、喜多方観光協会の本間さんのご案内で喜多方の町歩き。

今回の研修は3班に別れて視察をしました。私達は、町歩き&木の実のストラップ作り体験をしました。他の班では、ボランティアガイドさんに案内してもらいながらの町歩きとせんべい焼き体験、篆刻体験をしてきました。

pb209992.jpg

このレトロなお店は、しょうゆの麹作りに使っていた蔵だそう。ここではお店のおばあちゃんが蔵について丁寧に説明してくれました。街全体で、みんなをもてなしてくれている感じがして心地良かったです。

それぞれの蔵の造りの違い、喜多方の街の文化的背景…お話をじっくり聞いていると「ほほー」と聞き入ってしまいます。

pb209990.jpg

普段何気なく通っているお隣の街が、今日は全然違って見えました。

裏磐梯から喜多方までは車で45分程。山を見ながらドライブをしているとあっという間。

喜多方で酒造りの現場と昔ながらの立派な蔵を見てまわった後、裏磐梯にきて、満点の星空を見れたら最高の休日が過ごせそうです。

パート2に続きます。

干柿の蜜を吸う蝶

カテゴリー: 日記 — 投稿者: admin — 8:50 AM

タテハチョウの仲間でしょうか。花の蜜も無くなってきたようで、いつまでも干柿から離れず、蜜を吸い続けていました。

20101121-1s.jpg

次ページへ »

ページトップ