福島県裏磐梯観光協会

五色沼湖沼群

エメラルドグリーンやコバルトブルーに輝く水面は神秘的!

五色沼は、正式には五色沼湖沼群とよばれ、毘沙門沼、赤沼、みどろ沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼などのいくつかの沼で構成されています。

五色沼の色の秘密

五色沼は実にさまざまな青色を見せてくれます。その中の一つの沼はアシの根元に、酸化鉄の沈殿物が付着し赤みがかってるものもあり、赤沼と呼ばれます。 五色沼の水の色は、水中の微粒子の大きさによります。例えば、大きな微粒子ですと、光のスペクトルが含まれています。アロフェンは主としてアルミニウムや珪酸などからできています。アロフェンは強酸性の水では形成されません。磐梯山の噴火口から五色沼へ流れ出る酸性の水は温泉のアルカリ成分によって中和されます。青沼、瑠璃沼、弁天沼、竜沼、みどろ沼や毘沙門沼はアロフェンのために青白色しています。

毘沙門沼

青緑色に光る五色沼最大の毘沙門沼からは、磐梯山の荒々しい火口壁が目に飛んできます。毘沙門沼から望む磐梯山は裏磐梯を代表する景観の一つ。ボートに乗ることもでき、多くの観光客で賑わいます。

毘沙門沼 春の写真 毘沙門沼 春の写真 毘沙門沼 秋の写真

赤沼

赤沼

赤沼の周囲の草木は赤い鉄錆色に染まり、赤沼という名前の由来もそこからきています。

みどろ(深泥)沼

みどろ(深泥)沼

3つの色の水を持つ美しいみどろ(深泥)沼。この色の違いは微妙な水質や水深の違いや水草の繁茂の違いか生まれてくるものと言われています。

弁天沼

弁天沼

五色沼の中で2番目に大きい弁天沼は、遠く吾妻の山並みにも望め明るく広々としています。

瑠璃沼

瑠璃沼

五色沼湖沼群の中で最でも神秘的な瑠璃沼。見る場所により水の色が変わります。

青沼

青沼

青沼は小さいながら五色沼湖沼群の中でも最も青白色に光っています。

柳沼

柳沼

裏磐梯物産館近くの沼。紅葉の季節にはカエデやウルシで美しく染まる。

ページトップ