福島県裏磐梯観光協会

裏磐梯の概要

裏磐梯の大自然

裏磐梯の大自然 裏磐梯は、東北地方福島県北部にある磐梯山、安達太良山、吾妻山に囲まれた標高約800メートルにあります。明治21年(1888年)に会津磐梯山が噴火して生まれたのが磐梯高原です。 磐梯朝日国立公園に指定されている裏磐梯は、夏は涼しく冬は雪がたくさん降り、季節ごとに魅力がたくさんあります。アウトドア・インドアどちらでも楽しめるのが裏磐梯!

裏磐梯の成り立ち

明治21年(1888年)7月15日、会津磐梯山の噴火によって裏磐梯が生まれました。 山頂部分での噴火は10数回に及び、最後の噴火では山体が崩壊し、大量の岩石、土砂などが時速80kmを越す爆風に乗って流れくだり、北麓の谷を埋め、8キロ離れた山麓(甚九郎山や簗部山)まで達しました。その結果、磐梯山の北側は流れ山(岩屑物の推積丘)が巨大な高原大地が出現しました。一方、この崩壊によって長瀬川とそれに注いでいた中津川、小野川、雄子沢側などが堰き止められ、桧原湖、秋元湖、小野川湖、雄子沢湖(のちに桧原湖と一体になる)などの湖が、また流れ山の間のくぼ地に水がたまり多くの湿地や沼が形作され現在に至っています。

裏磐梯の位置と気候

標高約800メートル前後の高原台地にある裏磐梯は、山岳・高原・湿原・渓谷・湖沼・草原・温泉・森林など美しい自然の景観に恵まれています。 気候は、北日本型の積雪寒冷地のため、夏は涼しく冬はたくさんの雪が降ります。 裏磐梯の四季は、4月~6月が春、7~8月が夏、9月~11月が秋、12月~3月が冬になります。

裏磐梯の月別平均気温

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
裏磐梯(桧原) -6.2 -2.9 -1.3 3.6 11.8 16.2 18.6 21.2 15.6 10.6 4.7 -0.1
札幌 -4.1 -2.7 1.3 5.2 12.9 15.7 20.6 24.3 18.5 11.7 6.2 -0.5
東京 5.1 6.7 9.8 13.6 19.0 22.5 25.6 27.5 23.5 19.5 14.4 9.5

気象庁 気象統計情報過去の気象データ検索ページより
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php

五色沼湖沼群・裏磐梯を代表する湖沼群

荒々しい火口壁を見せる磐梯山の麓にある裏磐梯には、五色沼湖沼群のほかにも、桧原湖、秋元湖、小野川湖、雄国沼など磐梯山の明治の大噴火によって作られた大小300を超すといわれる湖沼群があります。

裏磐梯の植物

1888年の磐梯山噴火から百十数年の経過の時間の経過の中で、植物は見事なまでに甦り現在の自然景観を作り出しました。雄国沼周辺には湿原が発達し、春から夏にかけてレンゲツツジやニッコウキスゲなどの花々が楽しめます。

裏磐梯の歴史

会津と米沢を結ぶ会津街道(米沢街道ともいう)。裏磐梯がある北塩原村には、この会津街道が通っています。伊達輝宗・政宗親子と桧原穴沢一族の戦いや数々の城跡が残されています。

ページトップ