屋内で楽しむ

磐梯山噴火記念館

磐梯山噴火記念館

珍しい火山博物館。

1888年の磐梯山の噴火と、その後の磐梯高原について学ぶことができる火山博物館です。世界や日本の火山や気象関係の展示物、季節ごとに企画展を開催しています。

施設情報はこちら

諸橋近代美術館

諸橋近代美術館

巨匠サルバドール・ダリの所蔵数、世界第4位

アジアで唯一のダリ常設美術館。館内のミュージアムカフェでは美味しいコーヒーを飲みながらゆったりとした時間を過ごすことが出来ます。

ダリ・ゴッホ・ピカソ・ルノワールなどの作品も所蔵・展示。

施設情報はこちら ※冬季休館

蒔絵・沈金体験

漆芸工房 角田漆器に漆で絵を描いて金粉や銀粉等を蒔いて仕上げる「蒔絵」と、会津塗独特のノミ(沈金刀)を用いて漆器に絵を彫り、彫った箇所に金粉や銀粉等を埋め込む「沈金」の体験ができます。

施設情報はこちら

 

ボルダリング

ハレロック

ロープを使わずに岩や石を登るプログラム。

クライミングジム「ハレロック」では、屋内の人工壁を使って気軽にその体験ができ、雨や吹雪などの悪天候時にもアクティブに過ごすことができます。
宿へのチェックイン前や夕食前のひと遊び、気分転換にも最適です。

施設情報はこちら

五色沼缶バッヂ作り

自分で撮った五色沼の写真をオリジナル缶バッチにしてみませんか?

参加費:1つ500円
所要時間:約20分間
受付時間:随時受付

裏磐梯ビジターセンター

裏磐梯いきものぬりえ

裏磐梯いきものぬり絵

裏磐梯に暮らす5種類の生き物のぬり絵ができるコーナー。
できあがった作品は、記念に持ち帰るか、1つ500円で缶バッチにすることもできます。

参加費:無料(※缶バッチにする場合は1つ500円)
受付時間:随時受付

裏磐梯ビジターセンター

カフェ

Guesthouse-En都心の雰囲気とはまた違う、高原のカフェ。

ガイドブックにも載っていない隠れ家カフェも当サイトでは紹介しています。ホテル内カフェは、宿泊者でなくとも外来利用可能です。

カフェ一覧はこちら

 

3Dワールド

3Dワールド

1888年の磐梯山の噴火を3Dで再現。

空中に舞う巨石・すさまじい泥流。噴火を余地した動物たちの逃げまどう様子を体感できます。超大画面空間に繰り広げられる立体映像の世界。音響効果も臨場感あふれる大迫力です。

施設情報はこちら ※冬季休館

ラビスパ裏磐梯

ラビスパ

一年中楽しめる 全天候型オールシーズンリゾート。

ウォーター・スライダーをはじめ、膝や腰など体に負担がかからない水中ウォーキングや25mプールでのスイミングなどが楽しめます。

とろーり温玉がのった「鶏天丼」も絶品。

施設情報はこちら

 

小雨ならトレッキングコースも歩けます

桧原湖探勝路_吊り橋

(写真は桧原湖畔探勝路の吊り橋)

木々に囲まれたトレッキングコースなら、小雨でもあまり雨を気にせず歩くことができます。但し足元は長靴など濡れないもので(裏磐梯ビジターセンターで有料レンタル有)。

・五色沼自然探勝路
・桧原湖畔探勝路
・レンゲ沼探勝路

晴れた日も、小雨の日でも、裏磐梯を存分に楽しむなら「プロのガイドツアー」がおすすめ。自然の中を歩くだけでなく、より深く学びながらトレッキングができます。

おすすめガイド

■裏磐梯エコガイドの会

会員の多くが福島県ツーリズムガイドの資格を持つ、裏磐梯の自然に精通したプロガイドの集団。お客さまのご要望に合わせてガイドを派遣しています。中高年の皆さんのゆったりツアー、バリアフリーツアー等のガイドも可。
TEL:050-7540-0191

登山_もくもく自然塾

■もくもく自然塾
1996年設立の自然体験ネイチャースクール。『自然を体験し、好きになることが自然を守る第一歩』をモットーに参加者とスタッフが一緒に楽しむことができるプログラムを提供しています。
TEL:0241-23-9018

ナチュラルビズ

■ナチュラルビズ

裏磐梯・猪苗代エリアでエコツアープログラムを実施するネイチャースクール。未就学児童向けの川遊びや猪苗代湖でのカヌーツーリング、新しい視点で体感するエコツアーは格別。ゆったりと流れる上質な時間を体験を。
TEL:0241-32-3477

ホテル ビッグベアー

■ビッグベアー

宿泊施設も持つネイチャーガイド。野生動物が好きなオーナーは星空案内人の資格も持つ(会津地方での取得第一号)。冬は五色沼スノーシューの他、ワカサギ釣り、スノーモービル体験も人気。 
TEL:0241-33-2855

 

じっくりお土産選び

(写真は裏磐梯レイクリゾート売店)

会津山塩」グルメはもちろん、裏磐梯の花豆、じゅんさいの他、会津エリアの工芸品やお土産の買い物も楽しい。各ホテルの売店では宿泊者でなくとも、外来利用も可能です。

裏磐梯のお土産についてはこちら